2015年11月01日

〜 介護予防教室 〜 自然に囲まれた地域にて


今日は、広島市三入・可部地域包括支援センター様を通じて、

安佐北区の中河内地区(安佐北区可部町勝木)にて

いきいきサロンの活動をされている、

ひまわりの会の皆様とご縁をいただき、

このたび、介護予防教室の講師を務めさせていただきました。

image.jpg


この地域は、山や川といった自然に囲まれたところで、

この場にいるだけで、心が落ち着き癒されます。

こんな素敵な場所で、仕事ができるって本当に幸せ者です。


約1時間ほど、介護予防、転倒予防のための健幸体操を実施。

いつもの笑いをたっぷり取り込んで、楽しく学び楽しく体を動かしていただきました。

皆さん、とても反応がよく軽快な動きを見せており、

まだまだこれから!という雰囲気を醸し出していました。

今、平均寿命の年齢は高いけれども、

健康寿命の平均年齢がやや低いことが言われています。

私は、体操、運動というツールを通して、

いつまでも健康で元気に過ごしていただけるようサポートさせていただき

少しでも健康寿命のアップに貢献できればと思っております。


微力ではありますが、

引き続き、皆さんに楽しんでいただけるよう、

喜んでいただけるようなネタを考えお届けしていきます!



posted by 大久保 友杜矢 at 15:53| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

介護福祉士 合格しました!!

第27回介護福祉士 無事合格することができました!

10数年前に介護の現場を離れ、

介護福祉士をあきらめていました。

でも、チャンスがあれば受験したいと思っていましたので、

受験の制度が変わる前に受けることにしました。

そして、この度無事に合格したわけですが、

試験終了後の予想回答では、合格予想ラインを充分に超えていたので、

大丈夫だろうと思ってはいましたが、

やはり発表当日までは安心できません。

今、やっとホッと一息ついています。


なんでもそうですが、その時にあきらめてしまったものでも、

自分が成し遂げたいと思い行動すれば、

必ず導きがあると思っています。

今回、いい経験ができました。


posted by 大久保 友杜矢 at 14:38| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

何のために・・・明確な目的を掲げる

今日は、障害者支援施設へリラクゼーション指導、

ポジショニング指導のため訪問してきました。

今後のビジョンを打ち出し、

ご利用者の皆様によりよい支援、サービスを提供していくために

新たな知識、技術を習得していきたいとのこと。

そこで私にお声をかけて頂きました。

このように、明確な目的(ビジョン)があるということはとても重要なことで、

明確な目的があるからこそ、何を考え行動していくか具体的なものが見えてきます。

ですから、私もこの点を意識し、

ひとつひとつの説明の中で、

なんのためにこれを行うか、これを行うことで何が得られるかなど

を、伝えるようにしています。

この説明があることで、行動の意図を理解することができます。

ここが理解できていないと、次への展開、応用へのつながりが生まれない。

今、職員の皆さんは考えることにフォーカスしています。

ただ漠然とルーティンワークをこなすだけでは、

新たな発想、考えを生むことがそれほどなされない。

だから全く違う角度から今の現状を見つめてみること。

はたしてこれはこのご利用者にとってどんなメリットがあるのだろうか?

本当にこれでいいのだろうか? 

もっと工夫をすることで喜んでもらえる形にならないだろうか?

一度思い切って、今行っている全てを白紙に戻し、

イチから見つめる機会を意図的に設けてみることをおすすめしたい。


posted by 大久保 友杜矢 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

リラクゼーション技術指導講習会に向けて

この度、障害者支援施設のサービス担当リーダーの方より、

「介護職員ができる、リラクゼーションの技術指導をお願いしたい」と、講師のご依頼がありました。

この瞬間、うれしくてうれしく、心が踊りました!

講師のお仕事を頂いたから? 

いえいえ違います


うれしくて心が踊った理由は、

介護職の方から、リラクゼーション(ほぐし)を取り入れたい!という声があがったことです。


私が当時、特養で勤めていたときに、 

少しでも拘縮や浮腫でつらいご利用者の力になれないかな?

マッサージのようなことができないかな? と考えていました。

その思いの延長から、今の整体師としての仕事につながっています。


当時私が抱いていた思いと同じ思いを持っていて、それを形にしたい! 

だから、うれしくて心が踊ったんです。


「形にしたい!」 その形を作るために、私がご協力できるってなんとありがたいことか。

はりきってすぐに講習会用レジュメを作成しました。

そして、今日は、実技指導のイメージ化を図るために、

共に整体の勉強をしている、整体の先生にモデルになってもらって、施術の練習をしてきました。

image.jpg


講習会は来月なんですが、すでにワクワクしています。

当日が待ち遠しいです!




posted by 大久保 友杜矢 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

友人の言葉をキッカケに始めた新企画

「大久保さんが楽しんでいるから、参加されている人たちも楽しめるんだと思いますよ。」


そう言ってくれたのは、今、レクリエーション活動で定期訪問している福祉施設の友人です。


私は、何かをしようとするとき、やらなくてはいけないとか、きっちりこなさなくてはいけないとか、ものすごく型にはまったような形でプランを考えて行動しようとします。


そのときの自分の感情の中には、心からワクワクするような“楽しむ”という言葉はありません。


友人からの誘いから始まったレクリエーション。 正直、戸惑いました。 自分にできるだろうか? 皆さんに理解してもらえるだろうか? と、ネガティブな思いを抱いていましたが、そんな時、ふと“心から楽しむ”というキーワードが出てきました。


そうだ! 楽しむことを忘れていた。 楽しんでもいいんだ、利用者の皆さんと楽しみを分かち合えばいいんだと考えたとたん、フットワークが軽くなり、結果、本当にお互いに楽しみながらレクリエーションを進めることができました。


この時、ず〜っと忘れていた自分の才能のひとつ、人を笑わせること、楽しませることがぱっと芽を出しました。


従来のような、筋肉の強化を図るためのレクを考えようとか、体力アップ、新陳代謝促進のためのレクを考えようとすると、中々アイデアが出なくて、なんとか考えたレクプランは、とてもお堅い内容になってしまいます。


意図することを、“しっかり笑って楽しむためには”ということに切り替えると、不思議ですが、どんどんアイデアも出て、今度はあれをしよう、これをしようと、イメージしているだけで楽しくなってきます。 


また、笑って楽しめるレクリエーションを行った結果、体にいいことにつながったというスタイルのほうが、長続きしやすいと思います。


レクリエーションを始めるキッカケと、貴重な体験を与えてくれた友人に感謝しています。


この活動を、いろんな施設でやっていきたい、笑いと癒しを届けるレクリエーションを展開していきたいという思いのもと、新しい企画をスタートしています。 ご興味のある方は、ぜひご覧ください。 


                 ↓ ↓ ↓


 〜楽しい時を過ごす、元気なときを過ごすお手伝いをいたします。〜

 『笑いと癒しを届ける訪問レクリエーション』

posted by 大久保 友杜矢 at 14:29| Comment(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

こちらこそ感謝です。

 今日は、午後から車いす清掃ボランティアに出かけました。

しょっぱなから、

指導員さん 「こんにちは、ちょっと見ていただきたいものがるんですが。」

なにやら細かく記入された資料らしきものが・・・。 もしかして何かしでかしたのか。

指導員さん「これはうちのスタッフに感想を書いてもらったものなんです。見ていただけますか?」

お〜一瞬あせった、あせった。 (こう思うのもなんか不思議なんですけどね(笑))

読むと、とてもありがたい言葉が書かれている。

これからも微力ではあるが、こつこつ続けていきまっしょい。

2007_07130011 

posted by 大久保 友杜矢 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする