2017年12月29日

今年もお世話になりました!


プルミエイル整健堂は、昨日仕事納め。

神社へのお礼参りを終え、1年の締めくくりをしてきました。


今年を振り返ると、

今までの中で一番学びの多い年であったように思います。

来年も、たくさんインプットし、どんどんアウトプットしていきます。


そして、来年6月頃の予定ですが、

幼児体育・運動遊び専門の法人を設立する予定です。

すでに、いろいろと準備に入っています。


手続きのこととか、法人を運営するうえでの決まりごととか

勉強することがたくさんありますが、

自分がやりたいことを実現するためにがんばっていきます。

ドキドキワクワクです!



今年1年大変お世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。






posted by 大久保 友杜矢 at 10:41| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ルールを守る大切さを知る


今日は、保育園にて4歳・5歳クラスの体操教室でした。

今月の活動プログラムは、ボール運動あそびです。


↓↓↓ ボール運びリレーのセッティングです。

ボールを扱う力を高めるだけでなく、

何度もダッシュしますから、走力アップにもつながります!

image.jpg





前回は、比較的簡単な動きで、個で行う形を中心に

ボールにたくさん触れる機会をつくり、

ボールあそびの楽しさを存分に味わってもらいました。


今日は、少し難易度を上げて、

チームで協力して活動したり、

競争要素を取り入れた展開を中心に行いました。


@ボール運びリレー(5歳児クラスは、障害物あり)

Aボール BOX投げ入れあそび(5歳児クラスは、ボール集め競争)

Bボール雪合戦(5歳児クラスは、防護壁あり)


活動する中で、とても大切なことは “ルールを守ること”です。

各プログラム活動前に、

ルールの説明を行います。

説明を終えた後には、「○○したら、どうなるかな?」と子供たちに質問し、

ルールの再確認、再認識をします。


これで、大丈夫! と思ってスタート!

ところが、競争となると、

必死になって、勝ちたいという思いが強すぎて、

何名かはルールを守れない子がいました。


1回は、注意を促します。

でも、夢中になりすぎてまたルールを破ってしまいます。

2回ルールを破ってしまうと、 参加できません! とします。

ここでしっかり線引きしておかないと、

本当にルールを守る大切さを理解することができません。

少々破っても、先生から注意されるだけでまだ続けられるんだと子どもたちは捉えます。


そもそもルールは何のためにあるのか?

ルールを守る大切さを、言葉だけの説明ではなく、

活動を通して、しっかり子ども達が頭と体で理解できるように

関わっていかなければと思っています。






posted by 大久保 友杜矢 at 21:57| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

年内最後の、児童養護施設 運動ボランティア訪問



今日は、児童養護施設での運動ボランティアの日でした。

子どもたちは、元気にグランドで待っているかと思いきや、

誰も出ていない。

大久保さん来たよ!とアナウンスをかけてもらいましたが、

出てきたのは4名のみ。


指導員さんに聞くと、「寒いから出たがらないのかもしれません。」とのこと。


少人数でしたので、子供たちがやりたいことを中心に進めました。

シュート練習や、ドリブルの練習、

2対2の練習もしました

久しぶりにサッカーの練習をしたって感じです。



今年の訪問は、今日で最後。

また来年も子供たちと、たくさん体を動かして楽しみたいと思います!



image1.jpg








posted by 大久保 友杜矢 at 16:32| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム普及講習会 受講してきました!


東区スポーツセンタにて開催された、

日本体育協会主催の講習会

幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム普及講習会を受講してきました!


image.jpg



参加者は、スポーツ少年団の指導者、子供たちの運動指導者、

幼稚園、保育園の先生方が参加されていました。



この、アクティブ・チャイルド・プログラムとは、

(↓↓↓ 日体協HPから引用)

子どもたちが楽しみながら積極的にからだを動かせる。
それがアクティブ・チャイルド・プログラム(ACP)です。

日本体育協会は、子どもが発達段階に応じて身につけておくことが
望ましい動きを習得する運動プログラムとして、
アクティブ・チャイルド・プログラムを開発しました。


このプログラムを、

理論編、実技編として学ばせていただきました。

実際は、数多くのプログラムがあり、今日の半日だけではできませんが、

その一部をピックアップして、

アレンジ方法や指導ポイントなどを織り交ぜながら進めていただきました。


初めて知るプログラムや、

○○を抑えていけば、子ども達がもっと楽しく活動できるというポイントを知ることもでき、

また、私の指導方法についてのやり方答え合わせにもなり

とても勉強になりました。

早速、現場で活かしていきたいと思います。






posted by 大久保 友杜矢 at 18:44| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

保育の中の運動あそび講習会のご案内(in明石・神戸)


私が、お世話になっているフィールド・オブゆうさんの講習会が、

来年1月に開催されます。


【 保育の中の運動あそび講習会 】


image.jpg



以下、引用しております。


フィールド・オブ・ゆうでは、今年度も冬の運動あそび講習会を行います!

「ゆう」の運動あそび講習会では

「保育につながる運動あそび」をテーマに

先生と子どもたち、子どもたち同士のつながりを大切にし、

「子ども自身が発見し工夫できる」ための保育士の関わり方

を中心に紹介したいと思います。

寒い冬に室内や園庭で、そして発表会などに向けて忙しい時にも…、

ちょっとした時間に頭を使い、体の温まるあそびを紹介します!

先生方もお忙しいかと思いますが、ご参加お待ちしております。

★★★★★★★★★★★★

フィールド・オブ・ゆうの運動あそびは、
身体を動かして運動能力を育てる(体育)だけはなく、
心を育てる事にも重点を置いた体も心も育てる運動あそびです。

たくさんの子ども達を見てきた講師陣が保育現場でも
大切な子ども達への声掛けの仕方、
自発的に考えて動くための環境設定など
参加者の皆様に実際に体験していただきながら丁寧に解説します。


【 1月の内容 】

冬のあそび、伝承あそび編

(子どもたちに沿った組み立て方の紹介、2歳児からも)

こんなことが運動あそびに!!

◎声かけなど、普段の保育中の子どもに対する対応を考えるヒントになります。

体を動かしながら、あなたも一緒に学びませんか?

★★★★★★★★★★★

【3歳以上のお子様連れでのご参加もok!】

実際に子ども達がどんな風に反応するのか?を

リアルに見ることが出来て受講者の皆様にもメリットがいっぱいです!

※お子様のご参加は無料ですが、

申し込みの際にお名前・年齢等をお知らせください。

★★★★★★★★★★★

【こんな方におすすめ】
・指導者を目指す方
・子どものスポーツ指導のリーダー
・子どものお世話をすることが多い方

など、子どもとの接し方を勉強したい方ご参加お待ちしております。

★★★★★★★★★★★


参加申し込みは、下記ページにて受付しています。

 2018年フィールド・オブ・ゆう運動あそび講習会申込みフォーム



私は、予定が入っているため参加できませんが

また次の機会に参加したいと思います。







posted by 大久保 友杜矢 at 15:13| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

第21回 子ども運動カラテあそび教室を開催しました!


何名か、昨日の運動会が大雨で前半で中止となり、

後半を今日開催するとのことで、お休みがありました。

若干、少なめの人数でしたが、

いつもと変わらないくらい、元気いっぱいに活動してくれました!

これまで、たくさんの子ども達の成長を見てきましたが、

平均して、10月あたりから、子ども達の成長がぐっと伸びるように思います。

身体的な側面もそうですが、情緒の安定、落ち着きが

でてきまして、お話しをしっかり聞けていますし、

視野も広がり周りの状況を感じながら行動できています。

こうした成長が見られるとうれしいものです。


image1.jpg


image2.jpg





posted by 大久保 友杜矢 at 17:19| 広島 ☀| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする