2018年01月27日

児童養護施設にて運動ボランティアに行ってきました。


いつものようにグランウンドでの活動でしたが、

さむかった〜

年々寒さが身にしみます。

でも、子どもたちはごっつい元気!



今日は、身近にあるものを使って

ちょっと思考を変えれば

色んな遊びができるんだよ!ということを伝えたくて、

新聞紙と傘袋を使ったあそびを取り入れてみました。



子ども達「これどうするん?」「どうやってあそぶん?」


私「それで何ができる? ちょっと考えてみて。」


子ども達「こんなんできた!」 「みてみて、これできた!」


子ども達は、想像力を働かせながら、

いろんな遊びを教えてくれました。


そして、それを元にあそびの展開をちょっとお手伝いします。


新聞紙やり投げと傘袋ロケットは、好評でした!

さあ、次は何をしよう!!


image1.jpg





posted by 大久保 友杜矢 at 17:14| 広島 ☁| Comment(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: