2017年05月31日

なわとびの練習動画・・・ポイントは、大きくグルンと回す!プロペラのように!


うちのこども(三女:年長)となわとびの練習をしました!

今まで幼稚園でなわとびしたことある? と聞くと、

「年中さんのときにちょっとだけ遊んだ」とのこと。


まず、自分でどれくらいできるかやってもらいました。

やはり、なわを上手に回すことができず、

回せませんからちゃんと跳ぶこともできません。


では、持ち手を新聞紙で巻いて長くしてみました。

これでどうか試してみると?

上手く回すことができません。

腕を頭の横に持ってきて、肘を曲げてなわをバタンと叩きつけるような回し方です。

これは、なわの回し方を学んでいない子または、

回す感覚が掴みきれていない子によく見られる動きです。


そこで、5分ほどなわとびを指導。

私の指導方針として、はじめのうちは、回すのは前でも後ろでもOKにしています。

下の動画にもありますが、うちのこどもは、後ろに回すほうがやりやすいとのことでした。

(※初めてなわとびをする大半の子供達がそうですが、後ろになわを回す子供が多いです。
それは、なぜかというと、上に高くジャンプするとき腕を前に回します?それとも後ろに回します?
これを試してみると、あ〜なるほど!となりますよ!)



でも、前回し跳びのやり方を伝えると、思ったよりスムーズにできていたので、

前回し跳びの練習を少しやってみました。


なわを回す時は、「腕全部を大きく使って、グルンとひこうきのプロペラのように回してみて!」

と、見本を見せながら、こどもにやってもらいました。


すると!

いい感じで回せるようになってきました。

あとは、回す+なわを跳ぶ感覚を身に付けていけば、

ばっちり跳べるようになります。


上記の様子が、↓↓↓こちらの動画にありますので、

参考にご覧ください。








posted by 大久保 友杜矢 at 23:48| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック