2015年10月03日

年中クラスの体操教室 夢中になって活動したフープ運動遊び!


今日は、年中クラスの体操教室でした。

運動会の練習も順調に進んでいるようで、

本番にはすばらしいパフォーマンスを披露してくれると思います。

さて、今日の体操教室では、

フープを使った運動遊びを実施しました。(ちょこっと短なわも使いました。)


image1.jpg


フープは、どの年齢の子供にも大人気で、

みんな夢中になって活動します。


年中クラスでは、フープの操作能力を養うことを意図した内容の運動遊びを展開。

フープを使った集団遊び

今回は、広島トンネルをつくろう!くぐろう!遊びを実施。

これにより、集中力、巧緻性、空間認知などが養われます。

そのほか、フープを把持して行う運動遊び

フープを把持して手首をうまく使いながらフープを動かす運動遊び
(なわとびの操作が上手にできるようになるための導入段階です。)

フープを足で動かす運動遊び

などたくさん活動しました。

そして、最後に短なわを使って、

4人1組を作り、みんなで短なわをもってつながります。

そして、掛け声に合わせて、みんなで一緒に短なわを回します。

始めは、回し方がバラバラだったり、持ち手を離してしまい途切れ途切れになったりしていましたが、

回数を重ねていくと、次第に感覚をつかみ出し、

声に合わせながら上手に回せるようになっていました。

短なわを上手に回せるようになる、共感性を高めるにはおすすめの短なわあそびです!




posted by 大久保 友杜矢 at 01:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック