2017年05月31日

なわとびの練習動画・・・ポイントは、大きくグルンと回す!プロペラのように!


うちのこども(三女:年長)となわとびの練習をしました!

今まで幼稚園でなわとびしたことある? と聞くと、

「年中さんのときにちょっとだけ遊んだ」とのこと。


まず、自分でどれくらいできるかやってもらいました。

やはり、なわを上手に回すことができず、

回せませんからちゃんと跳ぶこともできません。


では、持ち手を新聞紙で巻いて長くしてみました。

これでどうか試してみると?

上手く回すことができません。

腕を頭の横に持ってきて、肘を曲げてなわをバタンと叩きつけるような回し方です。

これは、なわの回し方を学んでいない子または、

回す感覚が掴みきれていない子によく見られる動きです。


そこで、5分ほどなわとびを指導。

私の指導方針として、はじめのうちは、回すのは前でも後ろでもOKにしています。

下の動画にもありますが、うちのこどもは、後ろに回すほうがやりやすいとのことでした。

(※初めてなわとびをする大半の子供達がそうですが、後ろになわを回す子供が多いです。
それは、なぜかというと、上に高くジャンプするとき腕を前に回します?それとも後ろに回します?
これを試してみると、あ〜なるほど!となりますよ!)



でも、前回し跳びのやり方を伝えると、思ったよりスムーズにできていたので、

前回し跳びの練習を少しやってみました。


なわを回す時は、「腕全部を大きく使って、グルンとひこうきのプロペラのように回してみて!」

と、見本を見せながら、こどもにやってもらいました。


すると!

いい感じで回せるようになってきました。

あとは、回す+なわを跳ぶ感覚を身に付けていけば、

ばっちり跳べるようになります。


上記の様子が、↓↓↓こちらの動画にありますので、

参考にご覧ください。








posted by 大久保 友杜矢 at 23:48| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

開脚とびの練習がしたい!でも跳び箱がない? → そんなときは!


今日は、保育園にて4歳児、5歳児クラスの体操教室でした。

プログラムは、とび箱運動遊びです。

10月の運動会に向けて、

それぞれ横跳び越しの練習や開脚とびの練習をしています。


さて、このとび箱の練習ですが、

とび箱がなければ練習できないよ! という方に朗報です!

大丈夫こんなやり方でとび箱の練習ってできるんです!を簡単にご紹介します。


例えば、マット(お家であればやや固めのマットレスまたは座布団)

を使って、↓↓↓ こんな感じで開脚とびの練習ができます。


↓↓↓ 縦に少しマットの間を空けて設置します。

この“間”をつくることで、先に前方のマットに手をついて、

次にぴょんと足を運ぶという形(手 → 足の順番)を掴みやすくなります。

image.jpg


↓↓↓ これも、上記の動きとほぼ同じです。

マットが段重ねになっています。 手を着いて、ぴょんと足を乗せる 開脚とびの前段階の練習につながります。

image2.jpg


適当なマットや座布団、マットレスがなければ、

保育士の先生やお家でしたらお父さんやお母さんが、

とび箱の代わりになって、小さく屈み(手足を縮めてダンゴムシのような形)

背中に手を着いて跳んでもらうことで、とび箱練習ができますよ。


参考までに。





posted by 大久保 友杜矢 at 20:59| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

マット運動遊び・・・ “幅” “間” “方向”


今日は、保育園にて2歳児・3歳児クラスの体操教室でした。

5月にしてこの気温!! と驚くほど暑かった。

これまでにも、多少陽射しの強さを感じましたが、

今日のは、夏?と思うほどきつく暑かったです。

なので、こども達の表情を確認したり、体調に気をつけながら、

日陰を上手く利用し小休止を取りつつ進めました。

6月、7月、8月はどうなるんでしょう。


今日は、マット運動遊びを行いました。

以前に、マットは使い方次第でいろんな遊びを展開できます!

という内容をアップしたことがあります。

今回も、下の写真のようなマット設置をして、いろんなあそびをしました。


image.jpg


まずは、普通にマット上をお散歩。

そして、うさぎジャンプ、くまさん進みを行いました。

次に、もっと体をしっかり使わせるために、

マットとマットの間を広げて、

大また散歩、大きなうさぎジャンプ、手足をぐっと伸ばしながらのくまさん進みを行いました。


このように、少しマットとマットの間を広げるだけで、

遊びに変化をつけ、かつ体の動き(体の使い方)にも変化をつけることができます。


そのほかにも、マットを2枚連ねて幅広く活用することで、

一度に多くのこどもたちが活動できますし、

マットの角度を斜めにしたり、縦横織り交ぜたり、

形状に合わせて、体を動かしますから、多様な動きを経験させることができます。


マットに限らず、その他の運動用具でも

少し視点を変えて、こう置いてみるとどうなるかな?

こう組み合わせてみるとどうなるかな?

こんな使い方してみるとどうなるかな?

と幅広い視点をもってみていくと、面白い発見がありますし、

どんなあそびをしたらいいかな? と悩んでいれば、

新しい糸口が見つかるかもしれません。


発想に制限をかけず、色々楽しみながら考えることをおすすめします!






posted by 大久保 友杜矢 at 21:49| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

運動用具たちも大喜びです!


今日は、毎月定期開催している、

こども運動カラテあそび教室の日でした。

この教室は、年少、年中のこどもさんを対象にしています。


“カラテ”と名がついているから、カラテの稽古があるの?

実は、ほとんどカラテの稽古はありません。

時には、少し突きや蹴りっぽいことはやりますけど、

基本的に、楽しく全身をしっかり動かして遊んでもらう! 

ということが目的です。

何か、技術的なことを身に付けて帰ってねではなく、

いろんな遊びを展開する中で、

多様な動きを経験し、基礎的な運動能力を高めたり、

運動遊びを通して、やったーできた!、うれしい、楽しいといったような、

いろんな心の動きの体験をしてもらえればなと思っています。


今日も、運動用具たちとたくさんふれあってくれて、

運動用具たちも大喜びでした!


image8.jpg

image9.jpg


うちの子供にも体験させたい!

うちの地域にも来てほしい!

と声をいただきましたら、喜んで伺いますので

お気軽に声をかけてください。







posted by 大久保 友杜矢 at 19:28| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

もっと跳びたい! たくさん跳びたい!


今日は、認定こども園にて5歳児クラスの体操教室でした。

園のとび箱と、私持ち込みのとび箱、とび箱3兄弟が揃いました!


image.jpg


昨日のブログにもアップしましたが、

とび箱は、こども達に大人気でして、

今日のこども達も、もっと跳びたい! たくさん跳びたい!

と、どんどん開脚とびを披露してくれました。


今の時点で、しっかり開脚とびができるこどもは、全体の3割〜4割で、

お尻着地ができるこどもは、6割〜7割といった感じです。


関わりの中で、「みんながばっちり跳べるようにがんばれ!!」とは言いません。


跳べ跳べ!、がんばれがんばれ! でやってしまうと、

うまく跳べない子供は、むずかしい → できない → とび箱苦手

といったことになりかねません。


ですから、とび箱の楽しさを味わいながら、

ひとつひとつステップアップし、

お〜!ここまでできるようになったね!!

あと少しで、跳べるよ!

やったー! できたー!!


へとつなげていく関わりを大切にしています。

もちろん、開脚とびばかりの練習をするのではなく、

できたー!につなげていくためのいろんな運動遊び(体づくり)の仕掛けはいろいろ取り入れますよ。


さあ、今年の運動会での披露が楽しみになってきました。

子供たちに負けないよう、私もがんばります!






posted by 大久保 友杜矢 at 23:15| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

やっぱりとび箱遊びは、大人気!


今日は、保育園にて4歳児・5歳児クラスの体操教室でした。

とび箱の開脚とびができるようになる! 

をひとつの目標として、

それに向けてこどもたちは一生懸命頑張っています。


今の時点では、

4歳児クラスの場合、

前段階の練習(運動遊び)として、ウシガエルを行います。

5歳児クラスの場合、

ほとんどが開脚とびが出来ていますので、

次のステップとして、1段高いとび箱の開脚跳びをチャレンジしています。


みんなとび箱で遊ぶことが大好きで、

終始、一生懸命&楽しみながら取り組んでいます。



今日のクラスでは実施していないのですが、

とび箱遊びのひとつで、“いろいろジャンプ跳び越し” があります。

下の写真では1段のみの設置ですが、


image.jpg


2段の箇所を作ったり、縦に置いてみたりすると、

それぞれ違った刺激や楽しみ方を味わうことが出来ます。


こども達に、「かっこいいジャンプや、こんなジャンプできるよというのを見せてくれる!」

と促すと、いろんなジャンプ跳び越しを見せてくれますよ!


image1.jpg




posted by 大久保 友杜矢 at 16:16| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする