2016年08月24日

忍者遊び 壁抜けの術(マットを使った遊び)


今日は、保育園にて2歳児・3歳児クラスの体操教室を実施しました。

午前中は、雲が多く太陽さんがかくれんぼしていましたので、

とても動きやすい状況でした。


なので、準備体操のあとには、

2歳児クラスは、“チョウチョに変身” からの “チョウチョでさんぽ”

3歳児クラスは、オオカミ鬼ごっこあそび

で、しっかり走ってしっかり体を動かしました。


2歳児で実施した、忍者遊び 壁抜けの術(マットを使った遊び)

これが子供たちに好評でした!


内容はとっても簡単です。

スタートライン兼ゴールラインを設定します。

ライン間の距離は、8m〜10m。

この間に、横に立てたマットを置きます。

↓↓↓ こんな感じです。

image.jpg


そして、子供たちには忍者に変身してもらいます。

「忍者にへんしん、ニン、ニン、ニン!」

「さてさて、あのマット壁に当たらないように、向こうの赤い線(ライン)まで行けるかな?」

「それじゃ、はじめはちょっとだけ早い忍者走りで行ってみよう!」


すると、子供たちは忍者のポーズで(途中からポーズはバラバラですが(笑))

マット壁をよく見て、かわして向こうのラインまで上手に進んでいました。


まずは、こうして全体の流れを子供たちに体験してもらいます。

次から、マット壁の間隔を狭くしたり、

ふたつは縦置き、もうふたつは横置きに、

最後には、全部のマット壁の端と端をくっつけて並べ、隙間のない壁をつくります。


それぞれ、通るところは子供たちが決めます。

ちゃんと、よく見て考えて上手に壁抜けの術ができていました。

お約束を守り、状況に合わせて上手に活動できるようになり、成長を感じました。




posted by 大久保 友杜矢 at 21:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

「この敷いているマットを見てどんな運動遊びが浮かびますか?」


今日は、保育園にて4歳児・5歳児クラスの体操教室でした。

前回に続き、とび箱の練習です。

4歳児クラスは、2段の開脚とび

5歳児クラスは、4段の開脚とび

にそれぞれチャレンジしています。

ジャンプ力の向上を図るために、

スポンジハードルで両足ジャンプ連続とびも取り入れました。

image.jpg


開脚とびでは、前回よりさらに自力で跳べる子供が増えており、

うまくできなかった子供も、台上にお尻着地ができるようになってきました。

今日の様子を見て感じましたが、

おそらく本番までには、みんなばっちりできるようになっていると思います。

本番まで、1ヶ月と数週間あります。

この調子でがんばっていこう!!



準備をしているときにこんなことを思い出しました。

数枚並べたマットがあります。

「この敷いているマットを見てどんな運動遊びが浮かびますか?」

image1.jpg


このような質問を投げかけてくれたのは、

私が幼児体育講習会でお世話になった先生からで、

この先生は、あらゆる用具、椅子や階段などの環境を活用した

運動遊びのネタがどんどん出てきていました。


子供たちが楽しめるもの、子供たちのためになること

という視点をもっていて、用具や環境を見ると「あ、これできそう! あれできそう!」

って、常に広い視野をもち考えることが習慣になっているとのことでした。


私の視野はまだまだ狭く、気づいていないこと、見落としていることが多々あります。

少しずつですが、先生のような感覚を養い磨いていけるよう

がんばっていきます!




posted by 大久保 友杜矢 at 18:38| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

運動ボランティア訪問(児童養護施設にて)


今日は、月に一度の運動ボランティア活動の日。

帰宅している子や施設の行事でキャンプに参加しているとのことで、

今日の参加は、4名でした。

少ない人数でも、できる活動はいろいろありますので、

子供たちに何がしたいかを聞きながら、またこちらからも提案しながら進めました。

今回活用した用具は、

いつものサッカーボールと、ゲームのときに使用するビブス、そして大なわです。

image.jpg

この中で一番人気だったのは、

ビブスを使ったふわふわキャッチ遊びです!

ビブスを空に向かって投げ上げて、地面に落ちるまでにキャッチするあそびです。

スタートからキャッチするところまでの距離を遠くしたり、

投げ上げる距離を小さくしたり、

投げ上げるビブスの枚数を多くしたりと、

子供たちは、いっぱい笑って楽しくあそんでくれました。

それにしても、今日も暑かったです!

しっかり日焼けして、首の後ろが痛いです。

また、来月もよろしく!!





posted by 大久保 友杜矢 at 13:56| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

カラーボールを使ったあそび


今日は、保育園にて2歳児・3歳児クラスの体操教室を実施してきました。

各クラス、メインは鉄棒遊び。

運動会で披露する、ぶら下がり足あげ(2歳児)、

前周り降り(3歳児)を中心に実施しました。

日頃の保育の中で、先生方が鉄棒あそびの時間をつくり、

練習をされているだけあって、

ほとんどの子供が、自分の力で上手にできるようになっていました。


1ヶ月ほど前は、上手くできなかった子供が多くいましたが、

今日チェックしてみると、各クラス全体の9割が自力でできていました。

子供たちのがんばり! そして、先生方のがんばり! の結果ですね。


実際の展開では、鉄棒だけでなくマットやバランスボードを取り入れて、

多様な動きを経験させ、子供たちが楽しみながら活動できるような環境をつくりました。

image1.jpg


鉄棒の前に、久しぶりにカラーボールを使ったあそびを行いました。

ボールを握ることで、握力、手指の巧緻性アップを図り鉄棒動作につなげていくことがねらいのひとつとしてあります。



明日は、宮島の水中花火大会が開催されます。

それにちなんで、カラーボールを花火に見立てて、

私がカラーボールの入ったカゴを持って、

そのカゴからポン!ポン!と方々にカラーボールを落としていきます。

「よーし、火をつけるぞー! 3,2,1 バン!バン!バン!」

image.jpg


そして、落ちたカラーボールを指定のカゴの中に

みんなで力をあわせてお片づけをする(=集める)という遊びです。

3歳児の場合は、少し難易度を上げて、移動式カゴに投げ入れる遊びを行いました。


子供たちは、必死になってカラーボールを拾い、

各かごの中に入れていましたが、

すばらしい俊敏な動きを見せていて、

160個のカラーボールがあっという間にカゴの中に!


また、20数名が一斉に動きますから、ごっつんこや転倒の可能性があります。

子供たちは、周りの状況、お友達の動きをよく見ていて、

2歳児クラスの2人ほど、お友達と軽い接触やころんだりが見られましたが、

そのほか、危なげなく上手な動きがとれていました。

とも兄さん花火 楽しんでもらたかな?




posted by 大久保 友杜矢 at 22:01| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

体操教室のサポート&勉強に行って来ました。


今日は、お世話になっているキッズ体操指導者の先生が主催する

草津キッズ体操クラブさんにサポート&勉強に行って来ました。

生徒さんは、年中、年長の子供さんが対象。

鉄棒やマット運動について、

教わりたいことがありましたので、

いろいろ教わってきました。


逆上がりに向けての段階的練習方法およびサポート方法

とび箱の開脚跳びにつなげるための段階的練習方法およびサポート方法など、

実際の指導を見させていただきながら学べたので

とても参考になりました。

今後、園の体操教室でしっかり活かしていきたいと思います。


草津キッズ体操クラブの子供たちは、

みんな元気いっぱいで楽しく取り組まれていました。

とても教室の雰囲気がいいんですよね!



また、サポート&勉強に行かせていただきます。

鼓先生、ありがとうございました!


たくさんの運動用具を車に積んで、各地の教室へ行かれています。

鼓先生は、安西キッズ体操クラブ・東野キッズ体操クラブ・

草津幼児体操教室・廿日市キッズふれあい体操教室を運営されています。


image.jpg



posted by 大久保 友杜矢 at 22:07| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

できるかも! できそうだ! やったーできたー!


今日は、保育園にて年中と、年長クラスの体操教室でした。

10月の運動会に向けて、練習に励んでいます。

今日は、各クラスともにとび箱でした。


image.jpg


年長クラスは、開脚とびを行います。

そして、年中クラスも、同じく開脚とびを行います。

それぞれ、子供たちと先生方の希望で開脚とびをやりたい!とあり、

練習に励んでいるところです。


日頃から、先生からの積極的な働きかけもあり、

よく練習しているようで、

やり始めた頃は、ほとんどの子供が跳べなかったのですが、

今では、しっかり跳べる子供が各クラス7割近くいて、

3割の子供たちも、台上にお尻着地ができる状態にあり、あと少しで跳べる状況にあります。


指導の時に私が心掛けていることがあります。

それは、子供たちに「ぼく、わたしできるかも! できそう!」という気持ちをもてるように関わっていくことです。

そのためには、ひとつひとつ段階をおって進めること、

また、ひとつひとつの動作のあとに、

具体的によかったところを褒めながら進めていきます。

「よし、今の力強い踏み切りとってもよかったよ! これなら段がもうひとつ高くなっても跳べれるよ!」

「うんうん!背中がピンとまっすぐなっていて、とってもきれいな姿勢で跳べたね! その調子で、四段チャレンジしてみて。必ず跳べるようになるよ!」

すると、子供たちは、

「ぼく、わたし、できるかも!」→

「ぼく、わたし、できそうだ!」→

「やったー!できたー!!」

この流れが顕著に現れたのが、年長クラスでした。

今日はじめて4段にチャレンジさせました。

今までは3段まででしたので、どうなるか私も内心ドキドキワクワクでした。

いざやってみると、半分が自力で跳べて、半分は台上にお尻着地までできました。(あと少しで、跳びこせる状態にあります。)

私も保育士の先生もびっくり&感動しました。


子供たちは本当に素直ですから、

いい形で自分の気持ちをプラスに持っていくと、

体の動きもプラスになりよい結果へとつながります。

今日は、本当に子供たちよくがんばりました。

運動会本番が楽しみです!



教室終了後、鬼さんとパチリ!

保育士の先生方が作られた鬼さんです。

すごい上手です!  

image1.jpg




posted by 大久保 友杜矢 at 21:10| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする