2016年06月22日

鉄棒 前回り降りの補助


今日は、保育園にて、年中・年長クラスの体操教室でした。

各クラス、運動会に向けての練習に励んでいます。

日頃、子供たちも熱心に練習に取り組み、

保育士の先生方も一生懸命指導されていることもあり、

体操教室で見るたびに上手になっていて、

自分だけの力でできる子供が増えています。

熱意が伝わってきます。

すばらしいです!


さて、鉄棒の前回り降りの補助についてご紹介したいと思います。

image1.jpg

前回り降りの補助っていろんな方法があると思いますが、

一番押さえておきたいことって何だと思いますか?

前回り降りができない子供をイメージしてみてください。


鉄棒に上がって腕支持の姿勢をとったあと、

前方に体を倒そうとすると、「怖い!」って鉄棒をギュ、体をガチガチって強く緊張させますよね。

↓↓↓ 怖いと感じている子供は、この姿勢で体を強く緊張させて固まっています。

image.jpg


そう、“怖い” んです。

ここが押さえておきたいポイントなんです。

子供の恐怖心を、やわらげてあげる。

「一緒に先生がお手伝いするから大丈夫だよ!」

って安心感を与えながら補助することが大切です。


では、具体的にどのようなコンタクトをとりながら補助するかというと、


補助者は、子供の前方に位置し、子供の胸部中央に手を当てます。

もう一方の手は、子供の膝の裏または、ふくらはぎの中央部に当てます。


image5.jpg


当てた手は、体が前に回転し終えるまで当てておきます。

途中で、子供の体から手を離すと、

子供が怖がってぐっと体に力を入れて前への回転をやめてしまうことがあります。


そして、前に体をゆっくり倒すよう声をかけつつ、

「大丈夫だよ、ちゃんと手を当てているからね!ゆっくり回ってごらん」と伝えながら

前への回転を促していくと、できるケースが多いです。


でも、この補助方法は、やや怖いかなという子供に有効な方法でして、

前回り降りが初めてだから怖いよ〜

何回かチャレンジはしているけど、ほんとに怖くて無理だよ〜

という子供にはうまくいきにくいことがあります。


で、このような子供の場合、

私のやり方ですが、補助の立ち位置を子供の後方にします。

↓↓↓ こんな感じです。
(簡易な合成ですので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、イメージはこんな感じです。)

4.jpg

手の当て方は、前述の方法と同じですが、

それでも怖いよ〜という子供の場合、

手ではなく、補助者の脚を子供の脚に当てます。というか、軽く挟みます。

すると、体を緊張させながらも、なんとか前に回転できるようになります。

先日の保育園で、前回りの指導と補助の仕方を教えて欲しいということで、

実際に、園の子供たちの中で、とても怖くて回れないという子供(約10数名)を対象に

上記の方法を試みたところ、

1人の女の子を除く全員が前回り降りができました。

1人の女の子も、全く動けなかったのですが、

50度〜60度くらい前に体を倒すことができるようになりました。

保育士の先生方もびっくりしてました!


もし、今、前回り降りを練習されている保育園、認定こども園、幼稚園の先生方、

少しでも参考になれば幸いです。


あっ、こちらの先生の補助方法もとても参考になりますよ!

私も、研修に参加して先生(居関先生)の指導法を参考にさせていただいています。









posted by 大久保 友杜矢 at 20:54| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

子供たちをその気にさせる!


今日は、安佐南区の保育園にてスポット体操教室を実施してきました。

対象は、年中・年長クラスの子供たちです。

運動会に向けて、年中クラスは、鉄棒の前回り降りができるようになりたい!

年長クラスは、とび箱の開脚とびができるようになりたい!

そのために、どのような練習プランを取り入れていけばよいか、

保育士がどのように補助をしていけばよいかについて教えて欲しいという要望を含め、

教室を展開していきました。


子供たちも保育士の先生方も、

一生懸命取り組んでいて、

その姿勢から

子供たちの必ずできるようになりたい!という思いや、

保育士の先生方の子供たちが上手にできるようになるために

しっかり学んでサポートしていきたい!という思いがひしひしと伝わってきました。


子供たちには、「必ずできるようになるから、がんばって!」と声をかけつつ、

補助の際には、「みんなが上手にできる魔法をかけるよ!」といって魔法をかけ、

「ぼくできるぞ!」「私もできそう!」

子供たちをその気にさせて取り組んでもらいました。

すると、保育士の先生もびっくりするほど、

今までできなかった子供が、自分で前回り降りできたり、

とび箱(2段ではありますが、)を、自力で開脚とびできる子供がたくさんいて、

指導する私も感心しました。


子供の力ってすごいですね!

これをしっかり見つめてあげて、

子供たち自身でその力を引き出せるような関わりって大事だな〜と改めて実感しました。



鉄棒.jpg




posted by 大久保 友杜矢 at 21:07| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

午前:サッカー教室(児童養護施設にて) 午後:中学校PTA体育行事


今日は、朝から夕方までフル活動でした!

午前中は、運動ボランティア活動で児童養護施設を訪問。

先月仕事のため訪問できなかったので、

約2ヶ月ぶりの訪問でした。


子供たちは、この日を楽しみに待っていたそうで、

私の顔を見ると「おおちゃん、おはよう、久しぶり!」と元気な声で挨拶してくれました。

いつもは小学児童の参加が主なんですが、

今日は、年中の子供も楽しそうだから一緒にやってみたいということで、

一緒にドラゴンボールキャラクターを取り入れたボールあそびや、

ジュウオウジャーになりきってのなわあそびで、

たっぷり遊びました。

私も、かめはめ波や元気玉、ジュウオウイーグルになって

夢中になって遊びました! いや〜楽しかった!!


午後からは、

長女が通う中学校のPTA体育行事 ソフトバレーボール大会に参加しました。

一度くらいは、学校の行事に参加してみようと思いまして、

参加してみました。

保護者チームと先生チームの計8チームで対戦。

久しぶりのソフトバレーでしたが、

周りのお母さんやお父さんのサポートもあり、

3位になることができました。

運動を通じて、親睦を深めることができるのはすばらしいですね!

動きまくった1日でした。





posted by 大久保 友杜矢 at 19:48| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

手遊びの力ってすごいですね!


今日は、保育園にて2歳児、3歳児クラスの体操教室でした。

やや曇り空+やや風がありましたので、活動するには最適な気候でした。


今日は、冒険あそび(サーキットあそび)を実施しました。

↓↓↓ フープトンネル、とび箱ジャンプ、鉄棒ぶら下がり、大なわへび、マット島ゴロゴロ
(写真は、準備途中の写真です。)

image.jpg


この中で一番人気だったのが、とび箱台上ジャンプ(+リングに着地)でした。

上手にリングの着地ポイント目がけて、ピタッと両足着地できていました!

すばらしい!!

ちなみに、この着地ポイントを設置しているのとしていないのとでは

子供たちの着地姿勢が大きく違ってきます。

着地ポイントがなしの場合、

着地の時、両ひざを崩してバタッと手を着いて体ごと着地するような子供が多くいます。

この着地ですと、ひざを打ったり、手指を痛めたり、勢いがつきすぎた場合は、顔を打つこともあり危険です。

それを防止するために、着地ポイントをつくると、

子供たちは、立ち位置から着地ポイントの距離を感覚的に測り、

どれくらいの力で跳べばいいかを考え、

うまく調整しながらジャンプ〜着地します。

意図的に力をコントロールさせることで、

安全な動きができるようになるってことなんですね。



話は変わって、

今回、はじめて試みたものがあります。

それは “手遊び”です。

2歳児の体操教室の場面で、一度取り入れて

子供たちの反応を見てみたいと思いまして実施しました。


はじめてでしたから、私の音程が少しはずれていたのもあり、

手の動きも少しぎこちなかったのもあり、

子供たちの反応も最初はまちまちでしたが、

保育士の先生方が一緒に歌ってくださったので、

次第に子供たちも上手に手遊びをしはじめ、

よく集中しいい感じになってきました。


手遊びの力ってすごいなって実感しました。


今まで、2歳児の子供たちが私のお話を聴いてもらえるようにこちらに集中させるにはどうすればいいか。

あちこち動いている子供たちが、「それ面白そう!」って興味を引くようなアプローチの方法はないだろうか。

と色々悩んでいました。


これまで、「ほら、こっちにおいで!次は、○○するよー!」「みんな〜、あつまれ〜」

といった言葉だけで子供たちを引きつけよう、集まってもらおうとしていました。

中には集まってくれる子供もいます。

でも、全体の半分くらい。

少ないときは全体の3分の1くらいしか集まってくれません。


おそらく子供の中では、

体操の先生がやってることより、

「こっちのすべり台や砂場のほうが楽しいもん!」

という感じでしょうかね(笑)


この状況を打開すべく取り組んでみたわけですが、

多少よい手ごたえを得ることができました。

でも、

どのタイミングで行うのがいいか、

抑揚の付け方、動作(表現)の工夫など

いろいろ課題もあります。

引き続き、試行錯誤しながらひとつひとつがんばって取り組んでいきます!





posted by 大久保 友杜矢 at 22:06| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児体操教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

幼稚園児のサッカー教室(課外教室)の見学に行って来ました!


昨日、JFAC級コーチ養成講習会でお世話になった先生の承諾を頂き、

広島文教女子大学附属高校のサッカー部の生徒さんが指導されている、

幼稚園児対象のサッカー教室の見学に行って来ました。


image.jpg


見学の目的は、

園児に対してどのようなプログラムを実施しているか、

そのプログラムをどのように進めているかを見てみたい。

園児とどのように関わっているか、関わり方を見たい。


はじめて見学させていただきましたが、

遊び要素をうまく取り入れながら、

プログラムの導入〜展開されていて、

子供たちは、みんなイキイキとしていてとても楽しそうに活動していました。

おそらく年長クラスの子供と思いますが、

上手にボールを蹴ったり、ドリブルしたりしているのには驚きました。

今回、学ばせていただいたことを、

現場に取り入れて、子供たちにボールあそびや、

サッカーの楽しさ、魅力を伝えていきたいと思います。





posted by 大久保 友杜矢 at 19:10| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こども 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

カラダげんきクラブ!


今日は、福祉施設にて小学児童対象のカラダげんきクラブを開催してきました!


施設の毎年の恒例行事として導入していただき、

遊び要素をたっぷりと取り入れた体遊びをはじめ、

いろんな運動遊びを実施しています。

今日は、小学2年生〜6年生の児童が参加してくれました。

ちなみに実施したプログラムは・・・

● バランス遊び(体幹遊び)

● 2人1組からだ遊び

● ヨガマットを使ったあそび(マット島渡り、十字鬼ごっこ)

● サーキット遊び(ラダー、丸太マット渡り、鉄棒、ステップリング)

それぞれお友達と楽しみながら活動していて、

みんないい汗をかいていました。

約1時間ほどの活動でしたが、あっという間でしたね!

プログラムの中には、日頃の遊びの中でもできるものをご紹介しました。

ぜひ、お友達と一緒に遊んでみてくださいね!

次回は、10月です。

また子供たちに会えるのが楽しみです!!


bodygennki.jpg



posted by 大久保 友杜矢 at 22:16| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | こども 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする